売却

利用価値を見極める

説明する男性

不動産は多くの利用価値があります。マイホームとして不動産を保有することはもちろん、中古ワンルームマンションや1棟アパートを購入して家賃収入を得ようとする利用方法もあります。この他に注目をしておきたい利用方法として、相続税対策があります。不動産の相続税評価額の計算方法は現金や時価のある有価証券とは異なり、少し異なります。売買価格や鑑定評価額などの実勢価格が相続税の計算の際に使われるのではなく、路線価という別の評価基準を使うことになります。この路線価については、国が定め、時期によっては実際の取引価格よりも低く設定されているケースがあります。また、大通りに面しているか、袋小路にあるかでもその価格が大きく異なります。

そのため、同じ1億相当の資産を保有している状況であっても、現金を1億円保有しているケースと1億円で購入した不動産を保有している場合とは相続税の納税額に大きな差があります。また、同じ不動産であっても、自分達が居住しているものなのか、他人に貸しているものなのか、それとも更地なのかで、さらに評価が変わってきます。更地であるケースが最も高い評価となります。なお、相続税評価額は贈与の時にも利用されます。そのため、相続資産を減らすために早いうちから不動産を贈与していくというのも、有効な相続税の節税対策になります。相続を見据えて収益不動産を保有していれば、保有している間は収益の源泉となり、相続の際には大きな節税効果を得ることができるのです。